株式会社武蔵野の環境整備

多くの企業を成功に導いた「環境整備」。ただ掃除をするだけでなく、毎日欠かさず実施することで業務の見える化と改善を習慣化し規律を保ちます。環境整備は仕事のやり方を学び、気付く人を育て、円滑なコミュニケーションの環境に整えていきます。人材育成、経営改革でお悩みの従業員30名以上の経営者様は、環境整備が行き届いた現地見学会に参加してみてはいかがでしょうか?

小山流 環境整備とは?【仕事ができる人の心得増補決定版 P46 0256 環境整備(2)より抜粋】

  • 1、仕事をやり易くする環境を整えて備える。
  • 2、「形」から入って「心」に至る。「形」ができるようになれば、あとは自然と「心」がついてくる。
  • 3、職場で働く人の心をかよわせ、仕事のやり方・考え方に気付く習慣を身につける。

朝一番の環境整備で変わる 7つのメリット人を鍛えて組織を強くする環境整備こそ!最強の社員教育

  1. 社員と社長の価値観がそろう
  2. 「やってはいけない仕事」が一目でわかる
  3. 小さく弱い会社こそ、強力な武器になる
  4. 無駄な残業がゼロになる
  5. 女性パート・アルバイト、契約社員が一番の戦力になる
  6. 在庫が激減し、資金繰りが劇的に改善する
  7. 社内がキレイになり、従業員が急成長する
武蔵野の経営サポートを検討したい方

日本経営品質賞2回受賞した
経営コンサルティングをご紹介

資料・小冊子請求
現地見学会で環境整備を学びたい方

会社を変えるヒントが
そのまま学べて実行できる見学会

現地見学会申込

環境整備 書籍ランキング ベスト3環境整備が経営改革につながった仕組み、法則、事例が盛りだくさんの書籍をご紹介

朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!

第1位
【決定版】朝一番の掃除で、
あなたの会社が儲かる!

購入する
朝30分の掃除から儲かる会社に変わる

第2位
朝30分の掃除から
儲かる会社に変わる

購入する
会社は「環境整備」で9割変わる!

第3位
会社は「環境整備」で
9割変わる!

購入する

BEFORE AFTER ビフォーアフター

経営者様のお悩みを環境整備が解決します誰でもできるから「形から入って心に至る」環境整備が会社を変える

BEFORE 環境整備の実施前のお悩み
在庫や不要な荷物がたくさんあり、落ち着いて仕事に集中できない。
何時もモノを探している社員が目について非効率な状態だと感じている。
AFTER 環境整備後の環境の変化

ポイント「環境を整える」

いる物といらない物を明確にし、いらない物を捨てることで社内を徹底的に「整理」したので、モノの置き場が定着した。
BEFORE 環境整備の実施前のお悩み
棚、机、書籍、壁面の全てが乱雑となっているため、来客があっても社内を見せたくない。
整頓してもすぐに元に戻ってしまう状況。
AFTER 環境整備後の環境の変化

ポイント「業務を見える化する」

「整理」の次に必要な物を必要な時に、すぐ使える状態に保てるようにする。「整頓」をすることで、すぐにモノが見つけられるようになり、業務の見える化、効率化が実現できた。
BEFORE 環境整備の実施前のお悩み
社内の清掃は個人に寄ってまちまち。最近はみんな忙しく清掃が滞っているため環境が悪化している。個人主義的な雰囲気が漂っている。
AFTER 環境整備後の環境の変化

ポイント「習慣化する」

全従業員が、決められた時間に今日はここだけをいう部分を徹底的に磨きこむので、毎日欠かさず実施する習慣が身につき、規律が保たれる。

武蔵野の経営サポート、現地見学会には
環境整備で儲かる会社に変わるノウハウ
まだまだあります!

武蔵野の経営サポートを検討したい方

日本経営品質賞2回受賞した
経営コンサルティングをご紹介

資料・小冊子請求
現地見学会で環境整備を学びたい方

会社を変えるヒントが
そのまま学べて実行できる見学会

現地見学会申込

現地見学会参加者様からの声多くの皆様にご好評いただいております。

環境整備は目的ではなく、あくまで手段です(山口県K社)
環境整備は「形」から入って「心」にいたる。まさにその通りだと思います。
07年、導入当時は大半の社員は抵抗反応がありましたが、環境整備が進むにつれて、社員の心の変化が見られました。
環境整備を土台に成長を続ける(兵庫県M社)
社長が何を売るか決めて、実行するときにブレずにベクトルを合わせる、いやでも仕方がないからやるということができるのは、環境整備が会社の基礎になっているからだと思います。教育はその場で、方向性は環境整備をしながら決まります。
環境整備で10年連続シェアナンバー1(福島県A社)
環境整備のマネジメントで仕事のやり方を変えました。環境整備を導入する前は、会社が倒産寸前でした。
まずは、やることだと言われ、多くを求めずレベルの低いことから積み重ねて行きました。結果として、現在の成果があります。
環境整備で地域ナンバー1企業に(島根県S社)
誰かのために気づいて行動するということは、自分が何かのために変わることです。それは勇気がいることです。
でもそれが、ビフォー・アフターと言われる環境整備の狙いじゃないかなと思います。